作業時間の集計

移動時間、納品時間、待機時間、休憩時間などが集計できます。どれだけ納品・待機(荷待ち時間)に時間がかかっているかを把握することはコスト削減につながります。